アクション アメリカ映画

ホテル・アルテミス -犯罪者専門闇病院

あらすじ

近未来のロサンゼルスが舞台。水を争い暴動が日常的になると共に、警察権力の強化が進んでいた。その一方で犯罪組織が行うビジネスも隆盛を極めており、病院兼ホテルとして有名なホテル・アルテミスは22年にもわたって繁盛し続けていた。2028年6月21日、ある兄弟(ワイキキとホノルル)がブークやP-22と共に銀行強盗を行った。銀行の金庫をこじ開けることに失敗したため、現場に居合わせた行員と顧客が持っていた金目のものを奪い取ることにした。

暴動が起きているため大金持ちはメイドや芝刈り人に銀行へ資産を預けるように指示していたので、顧客は大金を持っていた。

回収中、ホノルルはある行員が持っていたファンシーなペンに興味を持った。行員はペンを盗まない方が良いと言ったが、ホノルル(弟)は耳を貸さずに強奪した。その後、4人は銀行から退散したが、道中で警官に遭遇してしまった。4人は勇んで警官を殺そうとしたが、返り討ちに遭い、P-22が死亡・ホノルルとブークが重傷を負うという事態となった。ワイキキはホテル・アルテミスを管理する看護師に連絡を取った。会員権を持っていたホノルルとワイキキはホテル内に入ることができたが、会員権を持たないブークは護衛(エヴェレスト)によって蹴り出されてしまった。

 

ホテル・アルテミスでは2人の患者が治療を受けていた。顔の傷の治療を受けていたアカプルコは外国人と女性を嫌う武器商人であった。もう1人の患者、ナイスは凄腕の暗殺者で、標的に近付くために故意に傷を負った部分の治療を受けていた。ナイスはワイキキの元カノでもあった。治療の傍ら、看護師はクロスビー・フランクリンを通してホテルの経営者(ウルフ・キング)からの伝言を受け取っていた。ウルフ・キングはロサンゼルスの事実上の支配者であり、フランクリンの父親でもあった。その頃、ワイキキはナイスと再会を果たしていた。ワイキキがロサンゼルスに留まって稼業を続ける一方、ナイスは世界中を飛び回っていた。ワイキキがホノルルの奪ったペンをナイスに見せると、ナイスは突然顔色を変えた。そのペンの細工にはダイヤモンドがふんだんに使用されており、元の持ち主のウルフ・キングが血眼になって探しているのだという。盗みが発覚した場合、ホノルルがウルフ・キングに殺されるのは明白であった。そんな折、モーガンと名乗る人物がホテルにやって来た。モーガンは「トーマスさんの力を是非お借りしたい」と言ってきたが、それを耳にした瞬間、看護師は驚愕した。トーマスは看護師の本名だったからである。エヴェレストから「余計な詮索をしない方が良い」と忠告を受けたが、看護師はモーガンの正体を調べ始めた。それが原因でモーガンと暴徒化する市民の間で衝突が発生したが、エヴェレストの尽力で事態は収束した。モーガンは警察官だったのである。

 

トーマスには息子(ビュー)が一人いた。幼い頃、ビューとモーガンは遊び友達であった。ビューがドラッグのオーバードーズで亡くなってからというもの、トーマスはすっかりアルコールに依存する生活を送っていた。公的な看護師資格を喪失したため、トーマスはアルテミスでの勤務を余儀なくされることになった。長年にわたる地下勤務が原因で、トーマスは深刻な広場恐怖症を患っていた。その頃、アルテミスでの滞在に飽きたアカプルコはヘリコプターを呼んで帰ることにした。アカプルコが屋上でヘリを待っていると、そこにナイスが現れ突然殴打された。ナイスが狙っているのはウルフ・キングの命なのだという。その後、ナイスはホテルの発電機に爆弾を仕掛けた。ほどなくして、ウルフ・キングが部下たちを引き連れてホテルにやって来た。モーガンはエヴェレストの手引きですでにホテルを脱出しており、ワイキキは最悪の事態に備えて3Dプリンタで拳銃を作っていた。規則に従い、トーマスはウルフ・キングだけをホテル内部に招き入れた。

しばらくして、ナイスが仕掛けた爆弾が炸裂したため、ホテル内は大混乱に陥った。

みどころ

①ソフィア・ブテラのアクションは綺麗でカッコいいですね。特に脚が美しすぎます。正直線が細すぎで肉弾戦での説得力はありませんが、ナイフを使うのはキャラ的にぴったり合ってますね。欲を言えばもう少し華麗に倒しても良かったですね。でもスタントもカッコよくて特に壁に足をかけて開脚してナイフでズバっと行くのは一番見てほしいシーンですね。クラシックダンサーが殺し屋だったらこんな感じでしょうか?

ソフィアとスタントマンですね。綺麗ですね。これが未来版くのいちなんでしょうか?スリットがセクシーすぎるでしょう。

『ザ・マミー』でも綺麗でしたけどやっぱエキゾチックビューティーですね(*‘ω‘ *)

②近未来だけにナノマシンや生体3DプリンターがあるのでそこらへんはSF好きなら皆ワクワクしますよね『アームズ』みたいだな(;^ω^)

③ジョディ・フォスターのおばあちゃん役もいいですね。久しぶりにみたらおばあちゃんになってたけど、これはメイクですよね?ね?(笑)

感想

ジョンウィックのコンチネンタルホテルの病院版みたいな感じですね。ホテルてなってるけど病院機能以外は見えませんでした。

世界に水がなくなり水をもとめて暴動がおきる社会でした。確かに今はエネルギーを奪い合うために戦争しており、次は水をめぐって戦争をすると言われています。まさにその世界観なんでしょう・・・『マッドマックス』というか『北斗の拳』というか終末の世界なんでしょうね。

そんな世界でも殺し屋っているんですね。なんか水を作っているのか水を貯蔵しているのか、その会社が暴動で襲われているんですが警察がすでに強権ですぐに殺しに来るんですよねΣ(゚д゚lll)ガーン

正直、俳優も世界観も良かったんですが、ストーリーがイマイチでこの世界観を活かしきれていないと思いました。

疑問がいくつかあって水を求める社会でお金がどれほどの価値をもつのか疑問ですね。物々交換とか原始的な社会になると思います。国の社会保障が破綻しているのでお金に価値があるのか微妙でした。

ナイスにかんしても気になるのが契約したときにお金をあれだけしっかり約束していたのにプライドに命をかけるのがどうも矛盾していると思いました。

お金に執着しているなら何が何でも生き延びなくちゃいけないのに途中で死ぬと分かっていても足止めに向かうのが・・・・

ホノルルもアホすぎて・・自分のミスで命を失いかけて自分のミスでウルフキングに狙われている。その上、ドラッグするなんて救いようがなさすぎてつらいですね。

壮大なバックボーンのわりに話の規模が小さいんですよね。まぁホテル内の争いなんで仕方ないのかもしれないけど・・・

でも看護師のジョディ・フォスターのサバサバした感じで患者をこないしていく姿は闇医者感があってgoodですね(;'∀')

規則がすべて闇の組織はそれが大事ですよね(-。-)y-゜゜゜

まぁこの映画はジョディフォスターとソフィア・ブテラをみるためにと割り切って観ましょう(笑)

-アクション, アメリカ映画

Copyright© 映画楽しむ.COM(ドットコム) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.