アクション インド映画

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル

あらすじ

ムンバイの獣医ラージは父ディパンカルと疎遠だったが、母の10周忌に出席するため故郷のチャンドリカ象保護区に帰郷する。故郷では幼少期に仲良くしていた象のボーラとディディとの再会を喜ぶが、ボーラは象牙目的の密猟者ケーシャブに狙われていた。ラージは父と和解して無事に母の10周忌を終えるが、そこに親友デーヴの父で武術の師でもあるガジャ・グルが現れて象殺しが行われると警告する。その夜、ボーラはケーシャブに殺され、現場に駆け付けたディパンカルも彼に殺されてしまう。密猟者と組んでいるカーン警部はディパンカルとラージに密猟の罪を着せ、ラージを逮捕して「自白」を強要する。ラージは警官たちを倒し、幼馴染の象使いシャンカラと記者ミーラ、ディディの助けを借りて刑務者を脱走する。

ラージはジャングルに向かいボーラの象牙を発見するが、そこで合流したデーヴが密猟者の協力者であることが発覚する。ラージは格闘の末にデーヴを倒して父を殺した犯人を聞き出そうとするが、そこにケーシャブたちが現れ銃撃される。ラージを守ろうとしたデーヴは殺され、シャンカラはケーシャブに捕まってしまう。負傷したラージはガジャとミーラの手当てを受けて回復し、密猟者の携帯電話から象牙の受け渡し場所を特定して現場に向かう。受け渡し場所の波止場に到着したラージはシャンカラを助け出し、ケーシャブを倒して他の密猟者たちと闘うが、銃を手にしたケーシャブに追い詰められてしまう。そこにディディに乗ったガジャが助けに現れ、ケーシャブはディディに踏み潰される。ケーシャブの雇い主ベインは象牙の買取人と共に逮捕され、ディディはボーラの子供を産む。3か月後、ボーラとディディの子供アシャが一般公開され、同時にミーラが取材したディパンカルの象牙製品の使用を止めて象の密猟を阻止することを訴えるメッセージが公表される。ムンバイの診療所からの電話を受け取ったラージは、しばらく故郷に留まることを伝える。

感想

カラリパヤットの武術が炸裂ですね。『マッハ!!!!!!!!』のトニー・ジャーのようにムエタイやムエボーランを使う映画が見たくて探していたんですがインドの古武術カラリパヤットが見れるということで直ぐに観ました。

正直武術に関しては見ごたえはありますが、マッハやレイドみたいな感じではないですね。

もう少し綺麗なアクションですね(;^ω^)

私はマッハの方が好きですけど(笑)

ストーリーの内容は『トムヤムクン』みたいな感じで象を守るために武術の達人が戦うという内容です。

ストーリーはシンプルなのでここらへんが意見の分かれそうな部分ですね(*'▽')

少しショックだったのは主人公のお父さんも殺されてしまうことです。親子の仲直りも十分に済まない間に殺されてしまったのはショックでした。

最後はビデオで父の心が分かって良かったですけどね。

インド映画なのに歌とダンスがないぞと思ったら最後のクレジットでしっかりやってくれました。

インドでの象

インドの神話でゾウは世界を支える存在として描かれる。

ヒンドゥー教には、ゾウの頭を持つガネーシャと呼ばれる神様がいる。この映画でのタイトルであるガネーシャはこの神様です。

仏教では歓喜天に当たり、シヴァ神の長男で富と繁栄の神様とされる。また、天帝インドラはアイラーヴァタと呼ばれる白象に乗っている。

 仏教の影響下、東南アジアでも白いゾウ(白象)は神聖視された。釈迦は白象の姿で母胎に入ったという。ゾウは普賢菩薩の乗る霊獣として描かれることが多い。

ガネーシャはシヴァの妻であるパールヴァティーが沐浴する際に垢をこすって出来た神様です。まるで垢からできた『あかたろう』ですね。パールヴァティーはガネーシャにお風呂に入るから誰も入ってこない様に見張りなさいと門番役を与えます。

ガネーシャも最初は普通の人型の神様だったんですが、シヴァが帰ってきて妻のパールヴァティとお風呂に入ろうとしたら、ガネーシャが母上の入浴中に誰も入れることは出来ませんと通さないのでシヴァは怒ってガネーシャの首を刎ねます。

お風呂から出てきたパールヴァティーは『キャー』と泣いて悲しみます。シヴァは申し訳なく次に家の前を通るものの首を刎ねて息子の首に繋げようといいます。

そこに通りかかった可哀そうな象がガネーシャの頭となったのです。

普通に象じゃなくて切った首をつなげればよかったんじゃないかとか、垢こすって生まれたのにシヴァの息子って言われても・・・とかは思っちゃいけないんでしょうね(笑)

象牙を求める密猟

調べると毎年2万頭の象が密猟されているとのこと。

1989年にはワシントン条約によって象牙の国際取引がほぼ禁止され、旧来象牙を使用の分野では、代替品の開発が急速に進展。一方で、取引が禁じられたため、象牙の価値はむしろ高騰し、この高い利益をもとめて密猟を行うものが後を絶たず、問題となっている。

こういう背景を知ると密猟者を倒す映画もメッセージ性のある作品になりますね。大人向けというよりも子供に教育的に見せるのがいいかもしれません。

 

 

-アクション, インド映画

Copyright© 映画楽しむ.COM(ドットコム) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.