アクション

世界一キライなあなたに:(原題;Me Before You)

あらすじ

主人公のルーは、イギリスの田舎町に暮らす26歳の女性。働き手のいない家族を抱えながらカフェでウェイトレスをしていました。

ところがある日、カフェのオーナーが店を閉じることになり失業します。それでもなんとか見つけた介護の仕事は、あらかじめ6か月と契約期間が定められていました。

ルーが担当することになったのは、元実業家で古城に暮らす大富豪のウィルという青年でした。

ウィルは2年前に交通事故で車椅子生活を余儀なくされます。オートバイに跳ねられた事で脊髄損傷し四肢麻痺になってしまったのです。

生きる希望をなくしたウィルは周囲に心を閉ざすようになります。しかも追い打ちの様に昔の恋人が自分の友人と付き合い始めるという事で怒りをあらわにします。

それは家族やルーに対しても同様で、はじめは冷淡な態度をとっていたウィルであったが、ルーの懸命な努力に少しずつ打ち解けていきます。

彼女も怒って気持ちをぶつけたことで彼の心に響くところがあったのでしょう。

そこから不器用ではありますがお互いに少しずつ歩み寄ります。

字幕の映画を観ないルーにウィルは字幕映画を勧めます。

彼女も少しずつ感化されてお互いに変化がおきてきます。

しかし、以前から決めておいた6か月の期間が終わるころ、ウィルには安楽死にしてもらう予定がありました。

ウィルの両親であるトレイナー夫妻の口論から、その計画を知ったルーはショックを受けます。

ルーは妹に愚痴をこぼし仕事を辞めようとしますがウィルが孤独になってしまうから、彼を助けてあげるべきと助言を受けて、彼の人生最後の思い出に、あるいは、安楽死を思いとどまらせるために、どちらになっても良いよう様々な楽しい計画を立て、ウィルを城の外へ連れ出して行きます。

一方、ルーの恋人パトリックの理解は得られず、疎遠となる。

(パトリックは悪い人ではないが、この映画では少しルーよりも趣味を優先させるように描かれている)

5か月が過ぎた頃、ウィルとルー、主治医のネイサンは温暖なリゾートでバカンスを過ごします。ルーとウィルは口づけを交わして愛情を確認し合い、ルーはウィルに死を思いとどまるよう説得するが、彼の意思が変わることは無かった。最終的にウィルは自分の意志を貫き、スイスの自殺幇助機関ディグニタスへ向かいます。

ルーも葛藤の末、スイスへ駆けつけウィルを看取る。

しばらく後、ウィルの遺言通り、ルーはパリの街にいた。ウィルがルーに遺したのは、少しばかりの財産と、愛し愛されたという記憶でした。

(彼女は物語の中で大学ではファッションを専攻していたと言っており、映画の中でもお洒落です。)

キャスト

ルイーザ・クラーク“ルー”(エミリア・クラーク) 公式HPより引用

この映画の主人公でヒロイン。可愛くて愛嬌がある。ファッションを専攻していてお洒落な女性。

お金が無く、現状の生活に我慢している。

ウィル・トレイナー(サム・クラフリン) 公式HPより引用

この映画の主人公。

ハンサムで、スポーツマン、頭もよく教養もあり実業家でもあった。オートバイクに跳ねられ四肢麻痺になる。

人生に苦悩し尊厳死を望む。その後、ルーに出会い愛を知るが・・・

左がカミーラ・トレイナー(ジャネット・マクティア) ウィルの母親。右がスティーブン・トレイナー(チャールズ・ダンス)公式HPより引用

ウィルの両親で息子の現状と尊厳死についての意見で対立している。

どちらも愛情深く、どちらが息子の幸せなのかを考えている。

パトリック(マシュー・ルイス) ルーの恋人。公式HPより引用

悪い人ではなく憎めないタイプの人だが、映画では三枚目の役。

彼女とウィルの関係に嫉妬している。最後は疎遠になる

カトリーナ・クラーク/“トリーナ”(ジェナ・コールマン)ルーの妹 公式HPより引用

ルーの賢い妹。ルーの相談を受けて彼女の後押しをする。

感想

もの凄く考えさせられる内容でした。

個人的には最後はハッピーエンドが好きなのですが、この映画が終わってもルーの人生は続くことを考えたら、これで良かったのかもしれません。

本当はウィルが死なずに、二人が結ばれれば良かったのにとも思いましたが、テーマは尊厳死と愛なので・・・・

尊厳死というテーマは多く、ALSの尊厳死などは社会的なテーマになっています。

これは国の文化や宗教など死生観は時代や、文化によって大きく異なります。

仏教では輪廻転生し生まれ変わると考えるし、キリスト教などは天国や地獄に行くなどの考え方や戒律も違うのでしょう。

人間が死んだ後はどうなるのか?誰にも分かりません。生きている間が一番大切ならばどのような結末も本人次第なのかもしれません。

ですが、恋人や伴侶、家族がいればその人の人生はそれに関わる多くの人生に繋がっています。

尊厳死にも家族や友人の理解がなければ、その後の残された者たちの悲哀は、はかり知れないです。

しかし、最後の手紙は良かったです。

自分の死後に届くように綴った手紙がルーに届きます。

自分の夢を叶えるためのお金を渡し、今後はウィルを思い出さずに自分の人生を生きて欲しいという手紙です。

明るいパリの風景で誕生日にウィルに貰った、蜂柄のタイツを履いています。

 

全体的にみて、フランス映画によくある尊厳死のテーマかと思いましたが、テンポも良く引き込まれる作品です。

テーマは愛ですね。

一度は見て欲しい作品です。

賛否両論になる作品は名作の証拠だと思います。

-アクション

Copyright© 映画楽しむ.COM(ドットコム) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.